ビジネスフォーム印刷検査装置

事務処理の際に使用される伝票類(一般フォーム)や医療品の添付文書(能書)の印刷品質を保証。
ビジネスフォーム・添付文書(能書)の文字検査に対応するために、専用の文字欠陥回路を開発し厳しい検査ニーズに対応。

  • ビジネスフォーム印刷検査装置

用途

ビジネスフォーム印刷検査装置は、高速で流れる印刷用紙の両面の汚れやインク飛び、文字欠け、文字潰れなどを検査します。

特長

  • 専用の文字欠陥検出回路や色欠陥検出回路など、業界に特化した検査が可能。
  • 高速3CCDカメラと高速処理技術の採用により高性能・高詳細な検査が可能。
  • 位置補正機能(XY補正)により搬送の蛇行、位置ズレに対応。
  • 1台の検査装置で表裏両面の検査が可能。
  • 欠陥データ管理・閲覧システムとの連携で、保存された欠陥データはいつでもトレーサビリティが可能。

基本仕様

機種名

Trinity Well SLC701(カメラ2台)

カメラ仕様

2048画素

カメラ種類

CCD-3LINE (SLC7シリーズ)

最小分解能
※表面・裏面共

0.25mm/画素(X)
0.25mm/画素(Y)

検査速度

150m/分(印刷機の仕様による)

検査対象物

印刷紙

被検査材幅

500mm (各種インチ数に対応)

対象欠陥

インク飛び、異物、印刷抜け、油汚れ

検査回路

スジ欠陥・色抽出・薄汚れ・文字欠陥・微小欠陥検出機能

欠陥ファイリング

1周期6〜8ヶ所までの欠陥画像を記憶

機能

欠陥の発生分布の表示を行います。
欠陥画像と発生位置の確認が行えます。(プリンタ出力可能)
タッチパネルによる対話型簡単オペレーション

オプション

品質管理ソフトGallery

製品紹介

  • 製品紹介
  • 抜き取りチェック検査
    • MERCY-touch
  • 枚葉・紙器検査
    • オンライン枚葉検査装置
    • シートリジェクター装置
    • オフライン枚葉検査装置
    • ブランクス検査装置
  • 段ボール検査
  • シール・ラベル検査
  • 軟包装・ウェブ検査
    • グラビア印刷検査装置Trinityシリーズ(スタンダードモデル)
    • グラビア印刷検査装置Crossoverシリーズ(リミテッドモデル)
    • 高速オフセット輪転検査装置
    • ビジネスフォーム印刷検査装置
  • 欠陥データ管理・閲覧システム
    • Trinity Gallery
  • その他の検査装置
  • 製品カタログダウンロード
  • サンプルテスト受付
ページTOPへ

ホーム > 製品紹介 > ビジネスフォーム印刷検査装置

サイトマップ